雪月花のブログ

小学校受験と幼児教育を講師とお母さん目線から、そして日常のあれこれを書き記します。

居宅訪問型保育士資格研修終了

長らくのお休みすいません。
この歳になると、いろいろなことが降ってくるもので、親の体調が思わしくなく急遽帰省したり、その合間に新しい仕事がスタートしたりして、あっという間に1月が過ぎて行きました。
そんな中、1月18,19,20,23,24と5日間、東京都の居宅訪問型保育士の基礎研修があり、受講してきました。


幼児教育の業界に足かけ12年いて、大手幼児教室で働いていた時も資格研修等々で子どもの発育等について勉強したことはありましたが、改めて大変勉強になる内容でした。
特に事故を防ぐために気を付けて行うべきこと等は、この業界に身を置くものとして勉強できて本当に良かった。
改めて自分の子供が事故やケガに合わなかったのは、ただのラッキーだったんだな、と思いました。
まず守るべきは命の安全。体の健康、そして心と頭の発育。
獣身人心は福沢先生の教えですが、今も昔もこれは変わらず。


この居宅訪問型保育士の資格ですが、共働き家庭が増えて保育園の需要が高くなり、保育園に入園希望の児童が保育園の定員を超え、待機児童が増えたことで資格認定制度が2015年にスタート。
保育園の抽選に外れた0~3歳児の家庭は、この居宅訪問型保育士制度を利用して、児童1名につき一人の保育士(保育士派遣事業所に所属していることが条件)が自宅に来て保育をしてもらえるというものです。


子どもは慣れ親しんだ自宅で過ごすことが出来、親は送迎の負担もなく職場に直行直帰出来て育児の負担が減る、夜勤の人も夜間利用可能(保育士は宿泊してくれます)、発熱等の病気の日も預かって貰えてメリットいっぱい。
保育料は保育園に通っているのと同じ料金で利用出来ます。
3歳以上でも、自治体の認定条件を満たしていれば引き続きこの制度を利用して保育士に家に来てもらうことが出来ます。
2017年に都下に8000人いた待機児童、2023年度は0人だそうです。
凄い。


そんな制度あったんなら、私も利用したかったよ~!!!と思う私たち世代のママはとっても多いと思います。
まあ、親のための制度というよりは、女性にもひとり親にもがんがん働いてもらって税金を納めて欲しいからなのでしょうけれども。


メリットばかりと感じるこの制度のいくつかの問題点。
この制度は全国にありますが、この保育制度を利用できる人の認定基準は各自治体毎に違う。取り入れていない自治体もある。
東京都は保育所に申し込んだけど、抽選に外れたことが条件。
居宅型を利用したいと思っても、選択の自由はない、と言うこと。


重篤な症状を除いて子どもが風邪で機嫌や具合が悪い日や、他のお子さんに病気をうつさない為にも、病気の回復後もう少し自宅で様子を見たい時などに、申し込みをしたら単発でも利用できる等、もっと制度が柔軟になると子育て世代にはありがたいですよね。


今日も読んでいただきありがとうございます。